女性が選ぶ転職スタイルガイド

*

途中入社で心得ておきたいこと

   

いくつであっても新入社員という意識を忘れない

 女性に限らず、いくつで転職したとしても、職場では新入社員であることに変わりはありません。それがキャリア採用であったとしても、職場が変われば職域も職責も、ルールもシステムも変わります。

 それを理解し、一人で運用できるようになったうえで、仕事で実績があがらなければ、既存社員と同じ土俵には上がれません。まずは職場になじみ、周囲のフォローを受けながら、自分で仕事ができる環境を整えるのが先決です。

 前職のルールやシステムにこだわることがないよう、意識してください。

入社初日の印象が大切

 転職は、入社初日にどんな印象を与えられたかで、その後の職場での人間関係の築き方に差が生まれます。初対面で悪い印象を与えないように、指定された時間より早めに出社する、清潔感が感じられる身だしなみにする、きちんと入社の挨拶をすることを、意識してください。

 特に入社の挨拶の表情や話し方、話す内容を、既存社員はきちんとチェックしています。1分から1分半程度で、名前と前職、入社の抱負を話せるように、挨拶の内容は考えておきましょう。

 また、話題を提供するという意味で、趣味や家族構成を伝えるのもよいと思います。

 - 退社と入社準備

  関連記事

入社前のチェックポイント

自分が転職したい会社は何かを考えておく  女性の転職は、年齢があがり、結婚したり …

円満退職をしよう

円満退職が転職成功につながる  女性に限らず、転職を考えるからには、勤務している …

男女差別とは別の女性が働く難しさ

 新天地で仕事をがんばる。やる気満々で転職先に出社したものの、次第に居場所がなく …