女性が選ぶ転職スタイルガイド

*

転職のタイミングをはかる

   

在職中の求職者のタイミング

 キャリアアップを目指す女性の中には、在職中に転職活動をスタートするひとも少なくないでしょう。その場合、勤務先の退職のタイミングを考慮して活動しなければ、後でトラブルにつながる可能性があります。

 職場の人員や自分が退職した後の後任人事、引き継ぎ期間などを考え、自分の転職の時期がベストなタイミングがどうかを、きちんと考えてから活動を始める方が無難です。引き継ぎ期間が、勤務先の繁忙期や決算期にかかると、同僚に負担をかけることになるので、退職スケジュールを組むときには、避けるようにしましょう。

ライフプランに合わせたタイミング

 女性の転職は、未婚・既婚、子どもの有無で、進め方にも選択肢の幅にも、大きな違いが生まれます。産休や育休の制度が整った企業で長く働きたいと考えているなら、未婚あるいは既婚でも子どもがいないうちに転職する方が、採用されやすいという現実があるのです。

 企業は制度を設けていても、本音をいえば、休まず長く働いてくれるひとを採用したいものです。また、既婚者で子どもがある場合、バックアップ体制がなければ、子どものケガや病気などで、遅刻・早退・欠勤が多いことを懸念する企業も少なくないので、タイミングを考慮しましょう。

 - 転職を進める準備

  関連記事

転職計画の立て方

ライフプランも考える  男女雇用均等法施行以降、女性が正社員として一線で活躍する …

転職の目的をどう考えるか

転職の目的を明確にする  転職は、単に職場を替えることではありません。終身雇用制 …