女性が選ぶ転職スタイルガイド

*

女性が上がり症を克服する方法

   

上がり症の原因を考えてみる

 女性に限らず、どの職種でも、仕事を進める際に人前に立たなければならない局面を迎えるものです。それが、飛び込み営業だったり、取引先でのプレゼンテーションだったり、社内でも会議や研修会での発表などがあり、上がり症のひとにとっては、緊張を強いられることになります。

 ですが、上がり症だからといって、避けて通れないことも多いので、まずなぜ自分が緊張してしまうのか、その理由について考えてみることから始めてみましょう。その根底には、「自分をよく見られたい」「自分の実力以上のパフォーマンスを行いたい」など、自己顕示欲が隠れているケースが多いものです。

 そうした自分を客観視できるように、日々の仕事で緊張した場面を記録してみることをおすすめします。

上がり症を克服するには

 「自分をよく見せたい」と思うこと自体は悪いことではないですが、「だから失敗したくない」「失敗したらどうしよう」と考えると、余計に緊張してしまうものです。過去に失敗した経験があれば、尚更でしょう。

 ですが、「過去に失敗したことは、できなくて当たり前」と見方を変えることで、自分の合格点を低めに設定できるようになれば、「今日はこんなことができた」と評価を変えることができます。自信を持つためには、自分が納得のいくパフォーマンスができたという実績を積み上げていくしかありません。

 だからこそ、自分のハードルを下げ、できることを一つひとつ、積み上げていくしかないのです。それでも緊張をなくすことはできないのであれば、「緊張している」と心の中で唱え、「だからこそ、できることをきちんとやろう」と思うことが大事です。できることから、少しずつクリアしていきましょう。

 - 面接の対策

  関連記事

逆質問を有効活用する

逆質問で自分をアピールする  逆質問は、面接の終盤に出てくるもので、ここが自分を …

“お礼状とは何か”から“お礼状の疑問の解決”までをまとめました

お礼状って何?絶対に送るもの?  社会人なら知らない人の方が少ないかもしれません …

女性が気を付けたいNG集

面接マナーのNG集  女性の中にも、在職中に転職活動を行うひとが少なくないと思い …

志望動機で何を話すか

志望動機で面接の流れが決まる  転職のための面接は、序盤の質疑応答の内容で、面接 …